月別アーカイブ: 2016年12月

盗聴発見器がほしい

北朝鮮で政治の中枢にいる幹部がよく頻繁に処刑されてるけど、
いろいろ調べると地位が上がれば上がるほど、影響力が強くなる、
それを警戒した金正恩が、彼らの動向を監視、盗聴しているというのだ。

金正恩側近ともなると100%盗聴されているらしい。
恐ろしい世界だ。

それら幹部が影で金正恩を「豚」よばわりしようものなら
呼び出されて、逮捕、即処刑だ。

おそらく北朝鮮では盗聴発見器を売り出したら
飛ぶように売れるんだろうね。

でも盗聴発見器を見つけたところでそれを撤去したら
これまた呼び出されて逮捕、即処刑となるのかもしれん。

俺は日本に生まれて本当に運が良かった。

よく引っ越したら盗聴器が壁から出てきたなんて
話を聞くけど、今は盗聴発見器をレンタルできるみたいだから
一度チェックしてみるのも良いかもしれんね。
http://www.xn--m7r395e7han35aqnl.net/

ついでに「盗聴 事件」というキーワードでどんな事件がこれまでにあったか調べてみた。

1972年、ウォーターゲート事件。米大統領選挙最中に、民主党本部があるウォーターゲート・ビル(ワシントンD.C.)に、何者かが侵入、警備員に見つかり警察に逮捕された。彼らはリチャード・ニクソン共和党大統領の再戦を目指すチームの1人だった。その結果ニクソン大統領は8月に大統領を辞任した事件。

1985年、日本共産党幹部盗聴事件。日本共産党幹部の緒方靖夫の電話が1985年から86年にかけて警察から盗聴されてた事件。警察公安部が組織的にこの盗聴を行っていたことが明るみに出た。

興味深いのは緒方が電話にノイズが入ることが多くなりおかしいなと思ってNTTに調査を依頼したところ、盗聴が発覚したということ。

うーん、怖いね。。

まあうちみたいな零細企業は盗聴されたとしてもなにも出てこないし、
そもそもうちは家族での会話が極端に少ないから盗聴したところで何も聞こえんだろう。