過払い金の払い戻しを受けた体験談 依頼して本当に助かった!

自宅にて父、母と3人で暮らしており鍼灸師を営んでいる42歳男性です。ちょうど5年前の事ですが消費者金融大手の武富士が倒産したというニュースが全国でも話題になりましたが、テレビや広告などでも過払い金という言葉を耳にするようになりました。

現在は完済しておりどこの業者からも借金はありませんが、車の購入やローン、生活費や交際費に充てるため複数の消費者金融から融資を受けていた過去がありましたので、もしかしたら自分にも過払い金が発生しているかもという思いは常に持っておりました。ただ弁護士や司法書士事務所に依頼した事が一度もなくどこか敷居が高く一般人には躊躇しがちな印象を持っていましたので、まずはネットを活用して過払い金とは何かに始まり請求方法や費用、期間などを徹底的に勉強することにしました。

過払い金請求は個人で起こす事も可能ですが過去の取引履歴を開示させ、膨大なデータから正確な利息制限法に基づいた引き直し計算、裁判への出廷や書類作成までの全てを個人で行う必要があり到底無理だと判断した後に市内の司法書士事務所に無料相談をしてみる事にしました。

電話対応でも親切、丁寧で分かりやすい説明を受ける事ができ無料相談をうける予約を入れた後事務所まで向かいました。30代くらいの若い男性司法書士が1名と事務員が数名いる事務所で過払い金の冊子を受け取り簡単な説明を受けた後すぐに本契約へと進みました。

借入があった業者、借入期間、借入金額を記入し捺印を終え切手代として3千円だけの納付を済ませ僅か30分で依頼する事ができたのです。

借入があった業者は5社で計200万の借金でしたが当時はグレーゾーン金利が適用されていたので案の定過払い金が発生しているという電話を受けました。その後自分でできる事は進捗確認の連絡を入れるくらいで何もする必要もなくプライベートな時間も有効に活用する事ができました。

その結果10か月後に1回目の過払い金の払い戻しがあり20万円の返還を受け、1年後に2回目の40万円の返還と計60万円の返還を受ける事ができたのです。鍼灸業を個人で営んでる者にとってこの60万円という臨時収入がどれだけの労働と交換になるのかを考えると、どこか臨時収入、ボーナスをもらったかのような嬉しさを覚えました。返済中は家族にも散々迷惑を掛けてきたので、皆を連れてお寿司屋さんにいきました。回る寿司ではなく本当のお寿司屋さんです。

やはり過払い金について一人で思い悩んでる方には、まず無料相談を受けてみる事が第一歩となり過払い金には10年という時効もありますので早めに専門家へ依頼してみる事をお勧めします。